注目のトピック

歯周病

歯周病ってどんな痛み?歯周病の症状や改善方法をご紹介!

虫歯を見てもらう女性

「歯周病って痛みがあるの?」「自分は歯周病かもしれないけど、どんな症状があるのかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。歯周病は、歯を支える組織が炎症を起こす病気です。痛みだけでなく、口臭や出血など様々な症状が現れるため、放置すると歯を失うことにもつながります。そこで今回は歯周病の症状や原因について解説します。そして歯周病にならないための方法についてもご紹介いたします。

歯茎が痛い!それって歯周病かも、、、?

歯周病の仕組みについて教えてください。
歯周病は、細菌によって引き起こされる炎症性疾患です。口の中には常に細菌が存在しており、歯垢(プラーク)と呼ばれる薄い膜が歯や歯茎の表面に付着します。歯垢は歯磨きで除去できますが、歯磨きを怠ると歯垢が増え、歯周病の原因となる細菌も増殖します。歯周病の原因となる細菌は、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間にできる溝に棲息します。この歯周ポケットに入り込んだ細菌は、歯垢や歯石と一緒に歯茎の中に侵入し、歯茎を炎症させます。歯茎が炎症を起こすと、歯茎が腫れたり、赤くなったり、出血したりするようになります。炎症が進行すると、歯周組織が壊死し、歯を支える骨が破壊されてしまいます。最終的には、歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病で歯茎が痛むのはなぜでしょうか?
歯周病で歯茎が痛むのは、炎症が原因です。歯周病の主な原因である細菌が歯周ポケットと呼ばれる隙間に入り込むと、歯垢や歯石と混ざって歯茎に炎症を引き起こします。この炎症が進行すると、歯茎が赤く腫れ、触ると痛みを感じるようになります。また、歯周病が進行すると歯周ポケットの深さが増し、細菌や歯垢がたまりやすくなります。これにより炎症がさらに進行し、歯茎が腫れて痛みや出血が増えます。歯茎の痛みは歯周病の初期症状のひとつであり、歯周病が進行しているサインとしても現れます。
歯周病の主な原因について教えてください。
歯周病の主な原因は、歯垢や歯石の蓄積による細菌感染です。歯垢は、食事のたびに歯に付着する菌や食べかす、唾液などが混ざった薄い粘液状の物質で、歯面に付着すると菌が増殖し、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の隙間に入り込みます。歯垢が歯茎についてしまうと、歯茎が炎症を起こし、赤く腫れ、痛みや出血を引き起こすことがあります。また、歯石も歯垢が硬くなったもので、歯ブラシなどで簡単に取り除けません。歯石は歯垢が長時間かけて固まったものであり、歯周ポケットにたまると、細菌の繁殖を助長し、炎症を悪化させます。その他にも、喫煙やストレス、栄養不良など、生活習慣や健康状態によっても歯周病の発症や進行が促進されることがあります。

痛む歯周病の対処方法について

歯周病で歯茎が痛む場合はどうしたらいいでしょうか?
歯周病で歯茎が痛む場合は、以下のような対処方法が考えられます。・歯磨きを徹底する
歯周病の原因の1つは、歯垢と歯石です。歯垢と歯石をきちんと除去するため、正しい歯磨き方法で歯磨きを徹底することが大切です。・口腔洗浄剤を使用する
歯磨きだけでは歯垢や歯石が完全に除去できない場合、少しでも症状を緩和させるために、口腔洗浄剤を使うことが有効です。殺菌効果のあるものを選ぶと、口の中の炎症を軽減できます。

・歯科医師に相談する
歯茎の痛みが続く場合は、歯科医師に相談して適切な治療を受けることが大切です。歯周病が進行している場合は、歯茎の治療だけでなく、歯周ポケット洗浄や抗生物質の処方などの専門的な治療が必要になることがあります。

・生活習慣を改善する
歯周病の原因には、喫煙やストレスなどの生活習慣の問題もあります。生活習慣を改善することで、歯周病の進行を遅らせることが可能です。

歯周病で痛みがなくなるまでにはどのくらい時間がかかりますか?
歯周病で痛みがなくなるまでには、治療方法や進行状況によって異なります。軽度の歯周病であれば、適切な治療と定期的なメンテナンスで数週間から数か月で改善されることがあります。しかし、重度の歯周病の場合は、痛みがなくなるまでに数か月から数年かかる場合があります。病気の進行を止め、健康的な歯肉状態を維持するためには、定期的な歯科医院でのチェックと適切なケアが必要です。
歯周病は自然に治癒しますか?
歯周病は自然に治癒することはありません。歯周病は歯肉や歯槽骨などの組織で炎症を起こす疾患であり、進行すると歯を失うことにもつながります。歯周病の治療には、歯磨きやフロスなどの口腔内ケア、歯科医院での定期的なクリーニング、そして重症化している場合には外科的な手術治療などが必要になります。​歯周病の治療には、​歯科医師の治療と患者自身の努力が必要です。適切な治療と日々のケアを行い、症状を改善し進行を止めることが大切です。

「歯周病で歯茎が痛む」辛い思いをしないために今できること

歯周病にならないためにはどうしたらいいですか?
歯周病にならないためには以下の予防策が重要です。・正しい歯磨きを行う:
歯ブラシや歯間ブラシを使って、歯垢やプラークを除去することが大切です。・歯科医院での定期的なクリーニング:
歯科医院でのプロのクリーニングにより、歯垢や歯石を完全に取り除くことができます。

・健康的な生活習慣を維持する:
タバコの使用や過剰なアルコール摂取、ストレスなどは歯周病のリスクを高めます。

・歯科医師の定期的な検診:
歯周病の早期発見と治療を受けるために、年に2回の定期健診を受けることが重要です。

・マウスウォッシュの使用:
フッ素や抗菌成分が含まれたマウスウォッシュの使用により、歯周病の予防効果が期待できます。

・バランスの取れた食事:
ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物を積極的に摂取することが、歯周病予防につながります。

歯周病になりやすい人にはどんな特徴がありますか?
歯周病になりやすい人には、以下のような特徴があります。・タバコを吸う
・不規則な生活習慣やストレスが多い
・歯磨きが不十分で、歯垢や歯石がたまりやすい
・食生活が乱れ、栄養バランスが悪い
・免疫力が低下している
・妊娠中や更年期など、ホルモンバランスが崩れている
・他の口腔内疾患や全身疾患を持っている
・歯並びが悪く、歯間の清掃が困難である
・歯科医院に通院しない、定期的な口腔ケアを受けないこれらの特徴がある人は、歯周病予防のためには生活習慣の改善や口腔ケアの徹底が必要です。また、歯科医院での定期的な歯科検診や歯石除去なども重要です。
日本人で歯周病にかかったことがある人はどのくらいいるのでしょう?
日本人の歯周病の患者数は、​約398万3,000人です。​歯周病の有病率は、​25〜34歳で32.4%、​45〜54歳で49.5%、​65〜74歳で57.5%です。​ただし、自覚症状があっても受診していない患者が多いと予測されるため​、​歯周病の患者数と有病率は、​​正確な数字は把握しきれていない可能性があります。40歳以上の日本人の約7割以上が歯周病に罹患していると言われています。​

編集部まとめ

歯周病は初期症状で痛みを感じないことが多いため、放置する人が多くなっています。しかし、進行した歯周病では歯茎が痛むことがあり、痛みが強くなると食事や口腔ケアが困難になることもあります。歯周病の痛みは、歯や歯茎を刺激すると強くなり、口の中を触ると痛みが出ることもあります。しかし、適切な治療や予防法を実践することで歯周病を改善できます。歯磨きやフロスの正しい方法、歯科医師の定期的な検診などが重要です。歯周病に悩んでいる場合は、早めに歯科医師に相談して適切な治療を受けましょう。

RELATED

PAGE TOP