注目のトピック

歯周病

歯周病治療の流れとは?治療期間や正しいブラッシング方法など徹底解説!

中学生 歯周病

歯周病は放置すると歯を失う原因となるため、早期治療が必要です。
治療の流れや期間、正しいブラッシング方法などを知っておくことで、治療の効果を促進できるでしょう。

本記事では歯周病治療の流れについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯周病とは
  • 歯周病治療の流れや期間
  • 正しいブラッシングの方法

歯周病治療の流れについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

そもそも歯周病とは

歯周病は、歯と歯肉の境目にある歯周ポケット内に蓄積された細菌によって引き起こされる炎症性疾患です。
初期の段階では、歯肉が腫れ上がり、出血することがありますが、進行すると歯周ポケットが深くなり、歯と歯肉の接合部が崩壊し、歯が抜け落ちる可能性があります。
歯周病は歯の喪失だけでなく、全身的な健康問題とも関係しています。

歯周病にかかると、心臓病、糖尿病、脳卒中、妊娠合併症など、様々な病気のリスクが高くなることが知られています。
歯周病を予防するためには、定期的な歯科検診や適切な口腔衛生の維持が重要です。
また、歯周病が進行している場合は、歯科医師の治療を受けることが必要です。

歯周病治療の流れ

歯周病は、放置すると歯を失う原因となるため、早期治療が必要です。
ここでは、歯周病治療の流れについて紹介していきます。

基本的な歯周病治療の流れは、以下のようになります。

  1. 初診
    歯周病の程度や治療方針を決定するために、口腔内の診査やレントゲン検査を行います。
  2. 治療計画の策定
    初診結果に基づき、患者に合わせた治療計画を策定します。
  3. 治療の開始
    歯周ポケットのクリーニングや歯石除去、歯肉縁下の根面清掃などを行い、歯周病菌を除去します。
  4. 再診
    治療の効果や歯周病の進行状況を確認するため、一定期間ごとに再診を行います。
  5. メンテナンス治療
  6. 歯周病の再発を防ぐため、定期的なメンテナンス治療が必要です。口腔内のクリーニングや口腔衛生指導などを行い、口腔内の健康を維持します。

歯周病治療は、初期の段階で早期発見・早期治療が重要です。
定期的な歯科検診を受け、歯周病のリスクを把握しましょう。

以下では、歯周病の進行度に合わせた治療の流れを解説します。

歯周基本治療

歯周病の初期段階では、歯石や歯垢の除去、歯周ポケット内の清掃など、基本的な治療が行われます。この基本治療を歯周基本治療と呼びます。
歯周基本治療は、歯周ポケット内の歯石や歯垢を取り除くクリーニング、歯肉の状態を改善するスケーリング、歯周ポケット内への薬剤投与などが行われます。
また、正しい歯磨き方法やデンタルフロスの使用法などの指導も受けます。歯周基本治療によって、歯肉の腫れや出血などの症状が改善され、歯周病の進行を止めることができます。
しかし、歯周病の進行が深刻な場合は、歯周外科的治療が必要となる場合があります。
歯周病を予防するためには、定期的な歯科検診や適切な口腔衛生の維持が重要です。

歯周外科治療

歯周病が進行し、歯肉の状態を改善するためには、歯周外科的治療が必要となる場合があります。

  • 歯周外科的治療

切除療法、組織付着療法、歯周組織再生療法、歯周形成手術などがあります。

  ・切除療法

 歯肉の病変部を切り取り、歯周ポケットを浅くする。

  ・組織付着療法

 歯根表面や歯周ポケット内に存在する細菌や歯石を取り除き、歯肉が歯根表面 に付着することを促す。

  ・ 歯周組織再生療法

 失われた歯周組織の再生を目的として行われる手術法。

これらの治療法によって、歯周病の進行を止め、歯周組織の再生を助けます。
歯周病の進行を防ぐためには、適切な歯磨きや口腔衛生の維持、定期的な歯科検診が必要です。

歯周病治療後の正しいブラッシング方法

歯周病を治療した後も、適切なケアが必要です。特に、正しいブラッシング方法の実践は、再発を防ぐために非常に重要です。

ここでは、歯周病治療後の正しいブラッシング方法について解説します。

歯磨きの回数

歯磨きの回数は、1日に2回から3回程度が推奨されています。
歯垢や歯石が歯に付着し、歯周病の原因となるため、適切な歯磨きが重要です。
朝食後や寝る前に歯を磨く方が多いようですが、食後にも磨くことで、食べかすを取り除き、むし歯や口臭の予防につながります。
また、歯磨きだけでは届きにくい箇所には、フロスや歯間ブラシの使用もおすすめです。

しかし、過剰な歯磨きは歯の表面を傷つける原因となり、逆効果となることもあるため、適切な歯磨き方法を守り、歯科医師の指導を受けることが大切です。

歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方には、ブラシの毛先の硬さや形状、持ち手の長さや形状などが関係してきます。

硬すぎず、柔らかすぎない、適度な硬さのものを選びましょう。
また、ブラシの形状は自分の口の形に合わせて選び、持ち手の長さは自分の手に合ったものを選ぶと良いでしょう。

さらに、歯ブラシの種類には、手動式と電動式があります。
手動式は操作が簡単でコストも安く、電動式は歯磨き効果が高く手軽に使えるなどの特徴があります。
自身に合った歯ブラシを選び、適切に使用することが、歯周病予防につながります。

歯磨きの方法

歯磨きは、口腔内の清潔を保つために非常に重要な役割を果たします。
歯垢を取り除くことで、むし歯や歯周病を予防できます。
歯磨きの基本的な方法は、歯ブラシを使って歯垢を除去することです。

  1. 歯ブラシは45度の角度で歯と歯茎の境目に当て、上から下へと優しく動かしましょう。
  2. また、歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に当て、細かい動きで磨いていくことも大切です。
  3. 磨き終わったら、口の中を十分にすすいでから、水を吐き出しましょう。
  4. 最後に、舌や口腔内の奥の方も優しく磨き、口をきちんと洗い流すことが大切です。

歯磨きは毎食後3回行うことが推奨されており、適切な方法で行うことで、健康な口腔環境を維持しましょう。

歯周病治療にかかる期間

歯周病治療は、症状の進行具合や治療方法によって期間が異なります。
治療期間は数か月から半年程度とされていますが、重度の症状の場合はそれ以上の期間が必要になることもあります。

ここでは、歯周病治療にかかる期間について詳しく解説します。

軽度の歯周病の場合

軽度の歯周病の治療期間は、個人差がありますが、約1か月から3か月程度とされています。

歯周病の初期段階では、歯垢や歯石の除去、歯磨きの指導、口腔内環境の改善などの対策が主に行われます。これらの処置を適切に行うことで、病状の進行を防ぎ、歯周組織の回復が目指せます。

治療期間中は、歯医者さんの指導に従い、歯磨きや口腔内ケアを丁寧に行い、定期的な検診を受けることが重要です。
ただし、歯周病が進行している場合や症状が重い場合は、治療期間が長くなることがあります。
適切な治療を受けることで、症状を改善し、健康な口腔環境を保つことができるでしょう。

中等度、重度の歯周病の場合

中等度や重度の歯周病の治療期間は、軽度の歯周病よりも長くかかるとされています。
歯周病の進行度合いや症状の程度によって治療期間は異なりますが、通常、治療期間は6ヶ月以上かかることが多く、場合によっては1年以上かかることもあります。

中等度や重度の歯周病の治療には、歯周病菌を除去するための手術や、歯根面の清掃が必要となる場合があります。
また、治療後も定期的なメンテナンスが必要となるため、治療期間中に定期的な歯科医院の受診が望ましいです。
早期の治療で歯周病の進行を防ぐためにも、歯周病の症状が見られた場合は早めに歯科医院を受診しましょう。

編集部まとめ

ここまで歯周病治療の流れについてお伝えしてきました。
歯周病治療の流れの要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯周病とは、歯と歯肉の境目にある歯周ポケット内に蓄積された細菌によって引き起こされる炎症性疾患のこと。
  • 歯周病治療は、症状の進行具合や治療方法によって期間が異なる。
    治療期間は数か月から半年程度とされていますが、重度の症状の場合はそれ以上の期間が必要になることもある。
  • 歯周病の初期段階では、歯石や歯垢の除去、歯周ポケット内の清掃など、基本的な治療が行われる。この基本治療が歯周基本治療とされる。
  • 1日に3回程度の歯磨きが望ましい。また、歯ブラシは硬過ぎず柔らか過ぎないものがおすすめ。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-461