注目のトピック

日本歯周病学会専門医・認定医のブログ

歯周病のリスクを知ろう:歯周病がもたらす全身疾患と口腔ケアの重要性を解説!

歯周病 歯周病 歯磨きで治る

歯周病は、口腔内の細菌が歯肉に蓄積することで引き起こされる疾患です。
歯周病が進行すると、歯肉が炎症を起こし、歯を支える骨が破壊される可能性があります。
本記事では歯周病の原因や病気について以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯周病の原因
  • 歯周病と全身疾患との関係
  • 口腔ケアの重要性

歯周病の原因や病気について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

歯周病の正体と原因について解説

歯周病の正体と原因について解説

歯周病は、口腔内の細菌が歯肉に蓄積することで引き起こされる疾患です。 ここでは、歯周病の原因や進行の仕組みについて詳しく解説します。適切な口腔ケアや歯科検診の重要性についても触れていきます。

歯周病とは

歯周病とは、口腔内に存在する細菌が歯肉に蓄積して炎症を引き起こす疾患です。 歯垢が歯肉に付着することで歯肉炎を発症し、歯肉が腫れたり、出血したりすることがあります。 歯垢が取り除かれないままに放置すると、歯周ポケットができ、細菌が蓄積される場所が増えます。 その結果、歯肉炎が進行し、歯茎から離れた場所にも細菌が蓄積することで歯を支える骨が破壊される可能性があります。 歯周病は、喫煙やストレス、遺伝的要因、免疫機能の低下、栄養バランスの偏りなどが原因となることがあります。 また、歯周病は全身疾患との関連が指摘されており、糖尿病や心血管系疾患、認知症などの発症リスクを高めることが知られています。 歯周病の予防には、適切な口腔ケアが必要です。 歯磨きやフロス、うがいなどを日常的に行うことで歯垢を除去し、歯周病の進行を防げます。 また、歯科検診を定期的に受けることも大切です。早期発見し、治療することで、歯を失うリスクを減らすことにつながります。

歯周病の原因について

歯周病の原因は、口腔内に存在する細菌が歯垢となって歯面に付着し、歯肉の境目や歯周ポケットに炎症を引き起こすことです。 歯垢は、歯磨きが不十分であったり、歯間ブラシやフロスを使わなかったりすることが原因となり、歯面に溜まりやすくなります。 歯垢が歯面に付着すると、歯垢が歯肉にも広がって停滞し、歯肉に炎症が起こり、腫れたり出血したりします。 また、喫煙やストレス、遺伝的要因、栄養バランスの偏り、免疫機能の低下なども歯周病の原因とされています。 特に、喫煙は歯周病を引き起こすリスクを高めることが知られており、歯周病治療を受けても喫煙を続けると、治療効果が低下することがあります。 歯周病は、歯肉だけでなく、歯周組織全体に影響を与えることがあります。 歯周病が進行すると、歯周ポケットが形成され、細菌が繁殖しやすくなります。この状態が長く続くと、歯を磨いてもプラークが除去できなくなり、歯を支える骨が破壊され、歯が抜け落ちる可能性があります。 歯周病を予防するためには、定期的な歯科検診と適切な口腔ケアが重要です。

歯周病のリスク

歯周病のリスク

歯周病は心血管系疾患、糖尿病、肺炎、骨粗鬆症、認知症などとも関係があり、全身の健康を維持するためにも注意が必要です。 歯周病は自覚症状が少なく、進行していることが多いため、定期的な歯科検診やメンテナンスが大切です。 歯周病になりやすい人は、遺伝的要因や生活習慣の改善、ストレスの軽減、適切な歯磨き、定期的な歯科検診などによって、リスクの軽減につながります。

歯周病から誘発されると言われている病気

歯周病から誘発されると言われている病気

歯周病は、口腔内だけでなく全身にも悪影響を及ぼすことが知られています。 ここでは、歯周病から誘発されると言われている様々な病気について解説します。

歯周病と心血管系疾患

歯周病は、心血管系疾患を引き起こすリスク因子の1つとされています。歯周病による炎症が全身に影響を及ぼし、心血管系疾患の発症につながる可能性があるためです。 歯周病原細菌が血管内皮細胞などに影響を与えることで、心血管系疾患に影響を及ぼす可能性が示唆されています。 また、歯周病によって口腔内に存在する細菌が血流に乗って全身に広がり、炎症を引き起こすこともあります。 この炎症が心臓に影響を与え、冠動脈疾患や心筋梗塞の発症リスクを高めることがあります。 歯周病が心血管系疾患の原因となるリスクを減らすためには、定期的な歯科検診と適切な口腔ケアが重要です。歯周病が進行している場合は、早期治療が必要です。 また、健康な食生活を心がけ、タバコの摂取を避けることも、心血管系疾患予防に役立ちます。

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病は、相互に影響しあう疾患であるとされています。歯周病による炎症が全身に影響を及ぼし、糖尿病の発症や進行を促すことがあるためです。 糖尿病患者は、歯周病にかかりやすく、逆に歯周病があると糖尿病の治療効果が低下することが報告されています。 歯周病による炎症が血糖値の上昇を引き起こすため、糖尿病のコントロールが困難になることがあります。 また、歯周病は細菌感染症であり、歯周病菌が全身に広がることで炎症が起こります。 この炎症がインスリン抵抗性を引き起こし、糖尿病の発症リスクを高めることがあります。 歯周病と糖尿病の関係を改善するためには、歯周病の予防・治療と糖尿病のコントロールが必要です。歯周病が進行している場合は、早期治療が必要です。 また、糖尿病患者は、定期的な歯科検診と適切な口腔ケアを心がけることが大切です。

歯周病と肺炎

歯周病は口内環境の悪化を招き、細菌が繁殖する原因になります。 これらの細菌は、口から気道を介して肺に入り込む可能性があり、肺炎のリスクを高めることがわかっています。特に高齢者や免疫力の低下した人、喫煙者などは肺炎にかかりやすく、歯周病があると肺炎にかかるリスクが増加することが報告されています。 歯周病による口内環境の改善は、肺炎予防にもつながります。また、歯磨きや口腔ケアの適切な方法によって、歯周病を予防することが重要です。 定期的な歯科検診を欠かさず、早期発見・早期治療に取り組みましょう。

歯周病と骨粗鬆症

歯周病と骨粗鬆症は密接な関係があります。 歯周病の進行により、歯を支える骨が吸収されることで歯が抜け落ちることがあります。 このように、歯周病によって骨が失われると、全身的に骨密度が低下する可能性があります。 骨密度が低下すると、骨粗鬆症のリスクが高くなります。 また、骨粗鬆症による骨の脆弱性が高くなるため、骨折しやすくなることも報告されています。 歯周病の予防には、定期的な歯科検診や適切な歯磨き、口腔ケアが重要です。 歯周病を発見した場合は、早期治療が必要です。 歯周病の予防や早期治療は、骨密度の低下や骨粗鬆症の発症の予防につながります。 出典:「歯周病から誘発される6つの病気|医療法人 徳真会グループ」

歯周病治療と治療後のメンテナンス

歯周病治療と治療後のメンテナンス

歯周病の治療は、歯と歯茎の健康を守るために必要です。 治療後のメンテナンスも重要で、歯周病の再発を防止するために、日常の口腔ケアや歯科医師による定期的なチェックが必要です。 ここでは、歯周病の治療と治療後のメンテナンスについて解説します。

歯周病は進行すると治らない可能性がある

歯周病は進行すると治らない可能性がある病気です。 炎症が歯肉だけに限局している歯肉炎は治癒しますが、歯槽骨やセメント質、歯根膜にまで炎症が波及した歯周炎は、完全に治癒は見込めません。 治療後も、歯周病菌が再び繁殖する可能性があるため、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスには、定期的なクリーニングや、自宅での正しい口腔ケアが必要です。 また、生活習慣の改善も大切であり、禁煙やバランスのとれた食生活、ストレスの軽減などが勧められています。 歯周病は、適切な治療とメンテナンスが行われれば、進行を抑えられます。

歯周病治療には回数が必要

歯周病治療は、症状や進行度によって異なりますが、基本的に複数回の治療が必要とされています。 歯周病の初期段階では、プラーク除去や歯石除去、ブラッシング指導などの治療が行われます。 進行した段階では、歯周病菌を除去するための手術的治療が必要になる場合もあります。 治療後は、患者さんご自身での適切な口腔ケアと、定期的なメンテナンスが必要とされています。 定期的なメンテナンスを行うことで、再発を防ぎ、健康な歯周組織の維持につながります。 治療回数は、病気の進行度合いや治療法によって異なりますが、早期発見・早期治療が重要です。 定期的な歯科健診を受け、歯周病の早期発見・治療を心がけることが大切です。

歯周病治療後における定期検診の重要性

歯周病治療後の定期検診は、再発を防ぐために非常に重要です。 定期検診では、歯科医師が歯肉や歯垢の状態を確認し、症状に合った治療を提案してくれます。 また、歯周病が進行すると、歯茎や骨が破壊され、歯が抜け落ちることもあります。 しかし、定期的な検診で早期発見し、適切な治療を行うことで、歯を守り、歯周病の予防につながります。 定期的な検診は、自分自身で歯磨きを行ってもなかなか見つけられない問題を発見できるため、歯周病の再発を防ぐために必要不可欠です。 歯周病治療後には、歯科医の指示に従い、定期的な検診が大切です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯周病の原因や病気についてお伝えしてきました。
歯周病の原因や病気の要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯周病の原因は、歯磨きが不十分であったり、歯間ブラシやフロスを使わなかったりすることで歯垢が歯肉に溜まりやすくなることにある
  • 歯周病は心血管系疾患、糖尿病、肺炎、骨粗鬆症、認知症などとも関係があり、全身の健康を維持するためにも注意が必要
  • 歯周病は基本的に治らないが、適切な治療とメンテナンスが行われれば、進行を抑えられる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-461