注目のトピック

歯周病

歯周病の初期症状とは?早めに発見して早期治療をしよう!

歯周病は、歯周組織の炎症によって引き起こされる歯の病気です。初期の段階では、症状がほとんどなく気付きにくいため、放置すると進行しやすくなります。今回は歯周病の仕組みや初期症状、年齢や口臭、歯周病になりやすい人の特徴や予防法について解説しています。歯周病になってしまう前に、この記事で正しい知識を身につけ、早期発見・治療につなげましょう。

そもそも歯周病って何?

歯周病になる仕組みについて教えてください。
歯周病は、プラークと呼ばれる細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまることで引き起こされます。プラークは、歯磨きで落としきれない場所にたまり、そこで細菌が繁殖します。この細菌が繁殖することで、歯ぐきが炎症を起こし、歯周病が進行します。歯周病は、歯肉炎から始まり、歯肉炎が進行すると歯周病になります。
歯周病の予防には、歯磨きが重要です。歯磨きは、150~200g程度の力で行い、ハブラシの毛先が広がらないくらいの軽い力で行います。歯磨きの際には、5~10㎜の幅を目安にして、ハブラシを小刻みに動かし、1~2本の歯を丁寧に磨きます。また、歯磨きだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯と歯の間のプラークを取り除くことも重要です。歯周病が進行すると、歯ぐきが腫れたり、出血したり、口臭がするようになります。歯周病が進行すると、歯を支える骨が溶けてしまい、歯が抜け落ちることもあります。
歯周病とはどんな症状ですか?
歯周病は、歯と歯ぐき(歯肉)の隙間(歯周ポケット)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こした状態(歯肉炎)と、それに加えて歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう状態(歯周炎)を合わせて、歯周病といいます。歯周病原細菌の毒素は歯を支える歯槽骨を溶かしていき、歯がグラグラしてきたり、歯肉が下がってきたり、歯が抜けてしまったりします。
歯周病原細菌にはP.g.菌・A.a.菌・P.i.菌・T.f.菌・T.d.菌などが知られています。歯周病の症状には、歯肉の腫れや赤み、出血、口臭、歯がグラグラする、歯ぐきが下がって歯が長く見える、歯周ポケットが深くなる、歯が抜けるなどがあります。歯周病は、プラーク(プラーク)という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまることで起こります。歯周病の原因として、歯磨き不足、タバコの喫煙、ストレス、遺伝的要因、糖尿病、妊娠などが挙げられます。

歯周病の初期症状について

歯周病の初期症状にはどんなものがありますか?
歯周病は、歯と歯ぐき(歯肉)の隙間から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こした状態(歯肉炎)から始まります。歯肉炎の初期症状には、歯茎が腫れること、歯茎が赤くなること、歯磨きの時に血が出ることがあります。痛みがなくても歯茎が腫れている場合は、歯周病の可能性があります。健康な歯茎はピンク色をしていますが、細菌によって炎症が起きている歯茎は赤くなります。歯茎に炎症が起きている段階なので、早めの対処が必要です。歯周病は進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう状態(歯周炎)になります。歯周炎の症状には、歯がグラグラすること、歯肉が下がってきて歯が長くなったように感じること、歯と歯の間に隙間ができることがあります。歯周病は進行するまで痛みが生じないため、症状が出た場合は早めに歯科医師に相談することが大切です。
歯周病は何歳くらいの人がなりやすいですか?
歯周病は、年齢に関係なく誰でも発症する可能性がありますが、年齢が上がるにつれて発症するリスクが高くなるとされています。歯周病は、歯の周囲の汚れ(プラーク)のなかに含まれる細菌の毒素で歯ぐき(歯肉)に炎症が起き、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けていく病気です。しかし、初期段階ではなかなか自分自身で自覚できるような症状は出てきません。
歯周病が進行するにつれて、自分でも気がつくような症状が現れることがありますが、初期の段階ではなかなか自分自身で気がつくような症状は出てきません。歯周病の予防には、歯磨きが重要です。歯磨きは、150~200g程度の力で行い、ハブラシの毛先が広がらないくらいの軽い力で行います。5~10㎜の幅を目安にして、ハブラシを小刻みに動かし、1~2本の歯を丁寧に磨きます。また、歯科医療機関での検査を受けることも重要です。歯周病の初期段階では、症状がほとんど出ないため、医療機関で検査することが推奨されます。
口臭で歯周病の初期症状に気付けますか?
歯周病は、歯の周囲の汚れ(プラーク)の中に含まれる細菌の毒素で歯ぐき(歯肉)に炎症が起き、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けていく病気です。初期段階ではなかなか自分自身で自覚できるような症状は出てきません。しかし、口臭がある場合、歯周病の初期症状である可能性があります。歯周病によって歯肉が炎症を起こすと、口臭が発生することがあります。また、歯磨きをすると歯ぐきから出血する、歯ぐきが赤く腫れている、歯と歯の間に隙間ができたなどの症状がある場合も、歯周病の可能性があります。
歯周病の予防には、歯磨きが重要です。歯磨きは、150~200g程度の力で行い、ハブラシの毛先が広がらないくらいの軽い力で行います。5~10㎜の幅を目安にして、ハブラシを小刻みに動かし、1~2本の歯を丁寧に磨きます。歯周病の初期段階では、症状がほとんど出ないため、定期的な歯科検診を受けることが重要です。

歯周病の予防について

歯周病になりやすい人の特徴は何ですか?
歯周病になりやすい人の特徴は、喫煙、口呼吸、歯ぎしり、食いしばり、女性ホルモンの減少、骨粗鬆症、年齢などが挙げられます。喫煙者は、タバコの成分が歯肉からの出血を抑え、歯肉を硬くするために症状に気づきにくくなってしまい、歯周病にかかりやすいとされています。口呼吸では、口腔内が渇きやすくなり、プラークが溜まりやすくなります。歯ぎしりや食いしばりでは、強い力が歯にかかり負担をかけることになり、歯周病の進行を加速させる可能性があります。女性ホルモンの減少によって骨粗鬆症になりやすい人は、骨が溶けやすくなっているために歯周病になりやすいとされています。
また、年齢が上がるにつれて歯周病にかかる人が増える傾向があります。歯周病になりやすい人は、以下のような症状が現れることがあります。疲れやストレスを感じると歯茎が腫れる、歯磨きのときに痛い・血が出る、口臭が気になる、歯茎が赤く腫れるなどの症状があります。
歯周病にならないためにはどうしたら良いですか?
歯周病は、歯茎の炎症から始まり、歯を支える骨が溶けていく病気です。歯周病の原因は、プラーク(プラーク)と歯石(ターター)です。プラークは、口の中にいる細菌が死んでできたもので、歯石はプラークが固まったものです。プラークと歯石が歯茎に付着すると、歯茎が炎症を起こし、腫れたり出血したりします。歯周病の初期症状は、歯茎の腫れや出血、口臭、歯が浮いているような感じがすることです。歯周病にならないためには、プラークと歯石を取り除くことが大切です。
歯磨きは、プラークを取り除くために必要ですが、歯ブラシだけでは歯石を取り除くことはできません。歯石は、歯科医院で専用の器具を使って取り除く必要があります。また、歯周病になりやすい人は、喫煙者や口呼吸、歯ぎしり、食いしばり、骨粗鬆症の人などが挙げられます。歯周病にならないためには、歯磨きをしっかり行い、プラークと歯石を取り除くことが大切です。

編集部まとめ

歯周病は、歯茎の炎症から始まり、歯を支える骨が溶けていく病気です。30代以上のうち、3人に2人がかかっているとされています。ある、歯が揺れている感覚がある、口の中のネバつき感(特に起床時)、歯と歯の間に食べ物のカス等が詰まりやすくなった、口臭が気になるなどです。喫煙やストレス、生活習慣病も歯周病の原因になります。
また、口呼吸、歯ぎしり、くいしばり、食生活も歯周病に影響を与える場合があります。
初期の歯周病であれば、丁寧な歯磨きなどのケアで改善できる場合があります。
しかし、自己判断で症状の程度を判断するのはリスクがあります。歯周病を疑うときは、まず歯医者で相談することが大切です。
歯周病は放置すると進行し、歯を失う原因になるため、早期発見・早期治療が重要です。

RELATED

PAGE TOP