注目のトピック

歯周病

入れ歯をしていると歯周病になる!?入れ歯の歯周病リスクと予防策について

中学生 歯周病

入れ歯を使っていると歯周病になりやすいのでしょうか?歯周病と入れ歯の関係について以下の点を中心にご紹介します。

  • 歯周病のメカニズムとは?
  • 入れ歯をしていると歯周病になりやすいのか?
  • 入れ歯の人が歯周病を予防するには?

歯周病と入れ歯の関係について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

そもそもなぜ歯周病になるのか?

そもそもなぜ歯周病になるのか?

歯周病の発生メカニズムを教えてください
歯周病の発生は歯垢と呼ばれる細菌が歯と歯肉の境界線に付着して炎症を引き起こすことによって始まります。歯垢は口内で常に発生し、不十分な歯磨きや歯科医師のメンテナンスを受けないことで細菌が繁殖して歯肉の炎症を引き起こします。炎症が継続すると、歯肉が腫れたり出血したりする症状が現れ、歯肉から歯槽骨までの組織が破壊され、歯がぐらついたり歯茎から離れたりすることがあります。最終的に、進行した場合には歯を失うことになります。
どんな人が歯周病になりやすいですか?
歯周病になりやすい人は、以下のような特徴を持つことがあります。まず、歯垢を除去する能力が低い人や、歯磨きやフロスなどの口腔衛生に対する意識が低い人は、歯周病になる可能性が高いです。また、喫煙者やストレスを多く感じる人も歯周病になりやすい傾向があります。加齢に伴っても、歯周病になるリスクが高まることが報告されており、老化によって歯肉や歯槽骨の組織が衰えることが原因とされています。さらに、栄養バランスの偏りがある人や、免疫力が低下している人も、歯周病にかかりやすい傾向があるとされています。

入れ歯を使用している人の歯周病リスクとは?

入れ歯を使用している人の歯周病リスクとは?

なぜ入れ歯を使用している人は歯周病になりやすいのでしょうか?
入れ歯を使用している人が歯周病になりやすい理由は、​入れ歯が口の中に長時間留まることで口の中の細菌が増殖し、​歯周病を引き起こす可能性があるためです。また、​入れ歯が歯茎に圧迫をかけ​歯茎の炎症を引き起こすことや、本来の歯と異なる形状や材質で作られているので口腔内に違和感や痛みを感じやすく、適切な清掃が行いにくいためです。歯周病を予防するためには、​入れ歯の清掃をしっかり行い、定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けることが重要です。
入れ歯によって起こる口腔内の変化を教えてください。
入れ歯を使用することで、口腔内にはさまざまな変化が生じます。例えば、入れ歯の適合性が不十分だと、口腔内の環境が悪化し、歯周病や口内炎などが引き起こされる可能性があります。また、入れ歯を使用することによって、口腔内の粘膜が刺激を受けることがあります。この刺激により、粘膜が荒れたり、炎症を起こしたりすることがあります。さらに、入れ歯を装着する際に使用する接着剤によって、口腔内の細菌やカビが繁殖することがあります。
入れ歯使用者が陥りやすい口腔内のトラブルは何でしょうか?
入れ歯を使用している人が陥りやすい口腔内のトラブルには、口内炎、口臭、口内乾燥、口の中の痛み、歯肉炎、口内のかぶれやかゆみなどがあります。これらは、入れ歯が不適切なサイズである場合や適切な清掃が行われていない場合、長時間つけっぱなしにしている場合、唾液の分泌量が不十分である場合などに起こることがあります。また、入れ歯が不適切な位置に置かれると、歯の移動や咀嚼の不均等な負荷が起こり、歯周病や歯の欠損などのリスクが高まることがあります。

入れ歯使用者が歯周病を予防するためにできること

入れ歯使用者が歯周病を予防するためにできること

入れ歯の適切な清掃方法を教えてください。
入れ歯の適切な清掃方法は毎日の歯磨きと入れ歯の浸漬が必要です。歯磨きでは、柔らかめの歯ブラシや専用の入れ歯ブラシを使って、優しく入れ歯表面や歯肉部分をクリーニングし、入れ歯の表面についた汚れや菌を取り除くために、入れ歯用の洗剤を使用して浸漬することが効果的とされます。洗剤は入れ歯に傷をつけないように、専用のものを使いましょう。さらに、口腔内の細菌を減らすために、口内洗浄液を使用することもおすすめです。
入れ歯の状態を確認するために定期的な検診は受けるべきですか?
入れ歯には、汚れや菌がたまりやすく、定期的に清掃を行うことが必要です。また、入れ歯を長期間使用すると、適合性が低下することや歯肉や口腔内の状態が悪化することがあります。そのため、入れ歯の適合性や口腔内の状態を確認するために、定期的な検診を受けることが必要です。歯科医師は、入れ歯の状態を評価し、必要に応じて修理や調整をし、口腔内の健康状態を確認します。入れ歯の使用者は、定期的な検診を受けることで、入れ歯によるトラブルを予防し、より快適に使用できます。
食事のときに気をつけるべき点は何ですか?
入れ歯を使用している人が食事の際に気をつけることは、硬い食べ物や食べにくい食べ物を避け、口の中に食べ物が詰まってしまった場合は、入れ歯を外して食べ物を取り除くようにしましょう。また、入れ歯を外して食べる際は、ティッシュや布などを敷き、入れ歯が落下するのを防ぐようにしましょう。食事後は口内をきちんとすすぎ、口臭や口腔内トラブルを防ぐように心がけましょう。

編集部のまとめ

編集部のまとめ

ここまで入れ歯と歯周病の関係についてお伝えしてきました。入れ歯と歯周病の要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯垢と呼ばれる細菌が歯と歯肉の境界線に付着することで炎症を引き起こし、歯周病が発生する
  • 入れ歯を使用している人は歯周病になりやすいく、理由として​入れ歯が口の中に長時間留まることで口の中の細菌が増殖し、​歯周病を引き起こす可能性があるため
  • 入れ歯の人が歯周病を予防するには、入れ歯の適切な清掃や入れ歯の状態を確認するための定期検診などが大切

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-461