注目のトピック

歯周病

歯周病は自分で治せる?気になる治療法と予防法を徹底解説!

歯周病は自分で治せる?

歯周病は自分で治せるのでしょうか?本記事では、歯周病について以下の点を中心に解説していきます。

・歯周病は自分で治せるのか
・自宅でできる歯周病のケア
・歯周病の予防法

歯周病について理解するためにもご参考いただけると幸いです。ぜひ最後までお読みください。

歯周病は自分で治せる?

歯周病の仕組みや主な原因を教えてください
歯周病は、細菌の塊であるプラーク(歯垢)が歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)に入り込み、そこに留まった歯周病原細菌が毒素を出すことで、歯ぐきや歯槽骨が破壊されていく病気です。
歯周病の原因は、口内に生息する細菌で、日頃の歯磨き不足により、歯垢が歯石に変化してしまいます。歯周病の進行を避けるためには、毎日歯磨きやデンタルフロスをしっかりと行い、歯科医院での治療も必要です。歯周病は痛みや腫れがないため自覚症状が少なく、適切な治療を受けないまま放置すると、最終的には歯が抜けることにもつながるため、注意が必要です。
歯周病にはどのような症状がありますか?
歯周病の症状には、歯茎の腫れや出血、口の中のネバネバ感、口臭、かゆみ、隙間、歯の長さの変化、噛みにくさ、グラつきがあります。また、歯ぎしりや食いしばり、喫煙習慣、全身疾患などもリスク要因となります。定期的な歯科検診や適切な歯磨きで予防し、早期発見・治療が大切です。
そもそも歯周病は完治できますか?
重症度にもよりますが、歯周病を完全に治すことはかなり困難です。しかし、進行を抑えることや症状のコントロールはできます。治療は歯医者さんだけでなく、自宅でのセルフケアが重要です。患者自身が治療に積極的に参加し、歯医者さんと協力してコントロールすることで、健康なお口を維持できます。
歯周病は自分で治せますか?
ごくごく初期の歯周病(歯肉炎の初期)でない限り、自分で歯周病を治す方法は残念ながらありません。歯周病は歯周病菌など細菌による感染症の一種であり、市販のデンタルケア商品や塗り薬などを使っても自力で治すことはできません。歯科医院での治療が必要です。歯科医師によるプロの治療と患者自身によるセルフケアが必要であり、セルフケアには適切な歯磨き方法やデンタルフロスの使い方、歯間ブラシの使用などがあります。歯周病の完治は難しいものの、コントロールできる病気であり、セルフケアを含めた定期的な歯科医院でのメンテナンスが重要です。
自宅で行える歯周病ケアについて教えてください
歯周病を改善するためには、自宅でのセルフケアが重要です。歯周病菌を減らすためには、歯ブラシ、フロス、歯間ブラシ、うがい薬の併用などをおすすめします。しかし、正しい使い方を知らなければ逆に歯や歯ぐきを傷つけることもあるため、歯医者さんに教えてもらうことがおすすめです。自分でできるケアはある程度限られていますが、歯科医院での治療と合わせて行うことで、より良い歯周病対策ができます。
歯周病の症状を改善するためには歯医者に行ったほうが良いのでしょうか?
歯周病の原因は歯に付着した細菌の塊である歯垢や歯石で、歯石は患者さん自身で取り除くことができません。歯石を取り除かなければ歯周病の進行を食い止めることは出来ません。そのため、歯周病を改善するためには、歯科医院で専門的なプロフェッショナルケアを受けることが大切です。プロフェッショナルケアでは、歯垢や歯石を取り除く歯周基本治療に主眼を置き、患者さん自身が行うセルフケアとセットになっています。歯周基本治療は、軽度の歯肉炎の段階だけでなく、中等度以上、あるいは重症に進行している人にも共通する治療です。軽度の歯周病なら、プロフェッショナルケアを主体とした歯周基本治療だけで治ることもあります。歯周病の症状を改善するためには、歯医者に行って専門的な治療を受けることが重要です。

歯周病の予防について

自宅でできる歯周病の予防法を教えてください
歯周病の原因となるプラークや歯石を口内に溜めないことが予防に繋がります。毎食後ブラッシングを丁寧に行うことが重要です。また、歯ブラシが届きにくい箇所がある場合は、歯間ブラシやデンタルフロス、タフトブラシなどの補助グッズを使用しましょう。栄養状態に気を遣い、免疫力を高めることも大切です。健康的な生活習慣を心がけましょう。
歯周病を予防する正しいブラッシング方法を教えてください
歯磨きの回数よりも適切に歯垢を落とすことが重要です。磨き方は、歯の表面を直角に当てて小刻みに動かし、歯と歯茎の境目は斜め45度に毛先を入り込ませて優しく磨きます。歯並びが悪くて歯垢が溜まりやすい方は、補助的歯科用具を併用し、最低でも1日1回はより細かい部位まで丁寧に磨きましょう。

編集部まとめ

ここまで歯周病のケアについてお伝えしてきました。歯周病のケアについて要点をまとめると以下の通りです。
・自分で歯周病を治療できる方法はなく、歯科医師によるプロの治療と患者自身によるセルフケアが必要である
・歯ブラシ、フロス、歯間ブラシ、うがい薬などを正しく使うことで、歯周病の進行を遅くできる
・正しいブラッシングや健康的な生活習慣を心がけることは、歯周病予防につながる
本記事が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-461