注目のトピック

日本歯周病学会専門医・認定医のブログ

歯周病検査の費用について知っておきたいこと!検査内容についても解説

歯周病検査費用

歯周病検査にかかる費用が知りたい方も多いのではないでしょうか? 本記事では、歯周病検査の費用について以下の点を中心にご紹介します!

  • 歯周病検査の費用
  • 歯周病検査の内容
  • 歯周病検査の定期検診

歯周病検査の費用について理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

歯周病検査の費用について

歯周病検査の費用について

歯周病の検査にかかる費用はいくらくらいですか?
歯周病の検査には、基本検査と精密検査の2つがあります。基本検査は500円〜2000円程度で、精密検査は1000円〜4000円程度です。保険適用の場合はどちらも検査代金の3割が負担となります。初診時には、初診料に加えレントゲン撮影代がかかります。費用は患者さまによって異なりますが、これらの情報を参考に、歯周病の検査にかかる費用を把握しておくと良いでしょう。
歯周病検査にはどのような項目がありますか?
歯周病検査には、主にプロービング検査、カウンセリング、パノラマレントゲン撮影、レントゲン14枚法、口腔内写真撮影、歯周組織検査、顕微鏡検査、歯周病菌DNA検査、咬合診断、そしてDr診査が含まれます。これらの項目は歯周病の診断に必要不可欠であり、症状や問題の詳細な把握に役立ちます。
歯周病の検査は保険が適用されますか?
歯科検診で病気が見つかり、治療が必要な場合は保険が適用されますが、特に異常がなく単なる検診やクリーニングの場合は保険適用外となることが一般的です。ただし、日本人の多くが歯周病に罹っているため、軽度の歯周病でも保険を適用してくれる歯医者さんも多くあります。保険が適用できるかどうかは歯医者さんによって異なるため、事前に問い合わせましょう。
歯周病治療の費用は「保険診療」と「自費診療」でどのくらい異なりますか?
歯周病治療の費用は、保険診療と自費診療でかなり異なります。保険診療では、歯の基本検査や歯周精密検査などの項目については、数百円から数千円程度の費用で受けられます。また、スケーリングやスケーリング・ルートプレーニング、歯周ポケット掻爬術、フラップ手術などの処置に関しても、数百円から数千円の範囲で受けられます。ただし、処置の内容や症状によって費用が変わるため、初診料など他の費用も考慮する必要があります。 一方、自費診療では、歯周病検査が約10,000〜30,000円、口内除菌療法が約40,000円、スケーリングやルートプレーニングが約3,000〜10,000円などといった費用がかかります。フラップ手術や歯周組織再生療法の場合、費用はそれぞれ約10,000〜100,000円、約50,000〜150,000円が大体の相場とされています。自費診療では、歯科医院ごとに自由に治療費用を設定できるため、保険診療に比べて費用の範囲が広いです。 治療を検討する際には、症状や治療内容に応じて適切な治療法を選び、事前に歯科医院で費用を確認することをおすすめします。

歯周病検査の内容について

歯周病検査の内容について

歯周病治療の検査内容を詳しく教えてください。
歯周病治療の検査には、歯周ポケットの深さを測定するため、プローブという針状の器具を用いて歯と歯肉の間の隙間を調べるプロービング検査や歯槽骨の喪失量を評価し、歯周病の進行状況を把握するためのエックス線写真による検査、歯周病の原因となるプラークの付着状況を調べるために染色液を使ってプラークを染め出し、肉眼で確認するプラーク付着率の検査が主に行われます。その他の検査として、出血指数(歯肉からの出血の程度を調べる検査)、動揺度検査(歯の揺れを調べる検査)、歯周病原菌の細菌検査などもあります。 早期発見と適切な治療が歯周病の予防と進行の抑制に重要なため、定期的な歯周病検査を受けることをおすすめします。
「自由診療」の歯周病検査は「保険診療」と内容がどう違いますか?
自由診療の歯周病検査は保険診療と比べて、より詳細で進んだ検査を提供しています。保険診療では健康保険で決められた検査器具や材料を使用するため、限られた範囲の検査しか受けられません。一方、自由診療では歯周病の進行に合わせて必要な診察や治療法を選択できます。 自由診療の歯周病検査では、かみ合わせや歯の周りをより詳細に撮影するためにCT検査を取り入れる歯医者さんが増えています。CT検査により、歯周ポケットの深さや骨の状態などを立体的に把握できます。これにより、歯周病の進行状況や治療の必要性をより正確に判断できるでしょう。 また、細菌検査も行われることがあります。歯周病の原因となる菌を特定し、患者に合わせた適切な薬剤や予防方法を提案することが可能です。これにより、個々の状態に合わせたより効果的な治療が行われることが期待されます。 ただし、自由診療の歯周病検査は保険診療に比べて費用が高額になる場合があります。検査の範囲や方法によって費用が変わるため、患者は歯医者さんと相談して必要な検査を受けるようにし、自身の状態に合った適切な治療を受けることが重要です。

歯周病検査の定期健診について

歯周病検査の定期健診について

歯周病の管理(メインテナンス)はどのくらいの頻度で通えばいいですか?
歯周病検査は、3か月から6か月に1回の頻度で通うことが推奨されています。特に高齢者は、歯周疾患が増える傾向にあるため、定期歯科検診の頻度を増やすことが大切です。 歯周病菌は一度除去しても、3か月後に再び増えると言われています。したがって、歯周病を予防するためにも、大人の方は3か月から半年に1度の頻度で歯科健診を受けることがおすすめです。定期的な歯科検診によって、早期に歯周病の兆候を発見し、適切な治療を行えます。 歯周病は進行すると歯を失う原因となる重大な疾患です。歯科医師の指導を受けながら、適切な口腔ケアや予防方法を実践しましょう。
定期健診の費用を少しでも抑える方法はありますか?
まず、定期健診を行う医療機関や歯科医院を選ぶ際に、公的な医療保険が適用される施設を選ぶと良いでしょう。医療保険は、一定の範囲内で費用を補償してくれるため、経済的な負担の軽減が期待できます。 また、保険に加入している場合は、保険の利用範囲内で受診することで、自己負担額を抑えられるでしょう。
定期健診を受けていても歯周病が悪化する場合がありますか?
定期健診を受けていても、歯周病が悪化した場合は、ブラッシング方法が間違っているか、加齢による影響や生活習慣の蓄積が、定期健診だけでは完全にカバーできなかったことが考えられます。 まず、ブラッシング方法が間違っている可能性ですが、不適切なブラッシングを行うと、歯垢や歯石が十分に除去されず、歯周病の進行につながることがあります。 次に加齢による影響として、中高年になると歯周病にかかる人が増えるとされています。引き締まった歯茎がやせてきて、歯垢が溜まりやすくなる年代であることや、歯茎の免疫力の低下、歯茎の細胞の老化などが歯周病の進行を促進します。また、血液の流れが悪くなることで栄養や免疫細胞が歯茎に十分に届かず、感染リスクが高まるとされています。 さらに、生活習慣の蓄積も歯周病の進行を助長します。特に喫煙習慣による歯茎の血行の悪化やストレスによる免疫力低下が、歯周病のリスクを高めると考えられます。 定期健診は予防と早期発見のために重要ですが、加齢や生活習慣の影響、ブラッシング方法、歯科医院での治療の質など、さまざまな要因が歯周病の悪化に影響を与えることを考慮し、定期健診だけでなく、自己管理や歯科医院とのコミュニケーションも大切にしていく必要があります。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯周病検査の費用についてお伝えしてきました。 歯周病検査の費用の要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯周病の検査には、基本検査と精密検査がある
  • 治療が必要な場合は保険が適用されるが、単なる検診やクリーニングの場合は保険適用外
  • 保険適用の場合は検査代金の3割が負担

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-461