注目のトピック

歯周病

歯周病は国民病?歯周病にかかる割合を徹底解説!

歯周病は国民病?

歯周病にかかる割合についてご存じですか? 本記事では、歯周病にかかる割合について以下の点を中心に紹介します。

  • 歯周病について
  • 歯周病の有病率
  • 歯周病にかかりやすい人の特徴

歯周病にかかる割合について知るためにぜひ最後までお読みください。

歯周病とは

歯周病とは

歯周病はどんな病気ですか?
歯周病は、口腔内の細菌感染等によって引き起こされる炎症性疾患です。プラークと呼ばれる細菌の付着物が歯ぐきの炎症を引き起こし、歯周ポケットと呼ばれる隙間が形成されます。細菌はこのポケット内で増殖し、歯ぐきや歯槽骨にダメージを与えます。症状には歯ぐきの腫れ、出血、口臭、歯の動揺などがあります。歯周病が進行すると、歯が抜ける可能性が高くなります。
歯周病の原因を教えてください。
歯周病の原因は、主に口腔内の細菌感染といわれています。以下に、具体的な原因を解説します。 歯周病の主要な原因は、プラークと呼ばれる細菌の付着物です。プラークは歯面や歯ぐきに付着し、細菌が増殖する環境を提供します。十分な歯磨きやデンタルフロスの使用が行われないと、プラークが蓄積しやすくなります。 生活習慣も大きく関与します。喫煙は歯周病のリスクを高めます。タバコに含まれる有害物質が口腔内の免疫応答を妨げ、細菌の増殖を促進します。また、不規則な食事、栄養不良、過度のストレス、不適切な口腔ケアなど、生活習慣や栄養状態も歯周病の原因となります。 遺伝的な要因も歯周病の発症に関与しています。一部の人は遺伝的に免疫反応が弱く、歯周病になりやすい傾向があります。 慢性的なストレスは免疫系に悪影響を与え、歯周病の発症や進行を促進する可能性があります。
歯周病を予防するにはどうすれば良いですか?
歯周病を予防するためには、以下のポイントへの注意が重要です。 歯を朝昼晩3回、2分間しっかりと磨きましょう。デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯と歯ぐきの間のプラークを除去しましょう。歯周病の予防には継続的な自己ケアが重要です。 定期的な歯科検診を受けることで、歯周病の早期発見や予防策のアドバイスを受けられます。一般的には歯周病になりやすいかどうかで変わりますが、3か月〜半年に1回の検診が推奨されています。プラークの蓄積を抑えるために、プロフェッショナルなクリーニングを定期的に受けましょう。また、歯科医院で正しいブラッシングの方法を学び、適切な歯ブラシや歯磨き粉を選びましょう。 バランスの取れた食事や喫煙の避け、ストレスの管理など、健康的な生活習慣を心掛けましょう。

歯周病にかかる割合は?

歯周病にかかる割合は?

歯周病の有病率を教えてください。
30代以上の人々の歯周病有病率は非常に高く、30代以上の年齢層では3人に2人の歯周病の所見が見られます。歯周病は一般的な口腔疾患であり、多くの人が影響を受けています。歯周病は進行性の疾患であり、放置すると症状が進行し、歯を喪失する可能性もあります。早期発見と適切な治療が重要です。
歯周病の有病状況は悪化していますか?
歯周病の有病状況は悪化しています。歯周ポケット(4mm以上)保有者の割合は年齢が上がるほど高くなり、45歳以上では過半数を占めるとされています。また、全年齢層で約4割の人に歯肉出血が認められます。 さらに、歯周疾患指数(CPI)による評価では、歯周ポケット保有者の割合が高齢者層で特に高く、歯肉出血がある人の割合はどの年齢階級も概ね一定しているとされています。歯の保有状況の改善に伴い、歯周病に罹るリスクを有する歯の数も増えているようです。 総合的に見ると、歯周病の有病状況は悪化している可能性が高いと言えます。定期的な歯科検診や適切な口腔ケアが、歯周病の予防や管理に重要です。
歯周病が歯を失う原因1位なのは本当ですか?
歯周病が歯を失う原因の中で1位です。歯周病は日本人が歯を失う原因として最も高い割合を占めており、約4割を占めているとされています。 ムシ歯も歯を失う原因として重要ですが、40代後半からは歯周病の割合が高くなり、全体としては歯周病が最も多い割合を示しています。
歯周病にかかりやすい人の特徴を教えてください。
歯周病の進行を早める原因は、以下のような要因が挙げられます。

  • 歯ぎしりや食いしばり、噛みしめる癖などの口腔の習慣
  • 不適切な被せ物や詰め物の存在 ・合わない入れ歯の使用
  • 歯並びの不良 ・不規則な食習慣
  • タバコの喫煙
  • 精神的、身体的なストレス
  • 歯周病に関連する全身の疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常など)
  • 他の病気で長期間にわたり薬を服用していること

これらの要因があると、日常の歯ブラシや口腔衛生のケアだけでは、少しのプラークの残りでも歯周病が進行してしまう可能性があります。例えば、歯ぎしりや食いしばりによって歯ぐきや顎の骨などの歯周組織に炎症が引き起こされやすくなります。 また、不適切な被せ物や詰め物、入れ歯の存在はプラークの残留を引き起こし、炎症を早める原因となります。食生活の乱れ、喫煙、ストレスは体の免疫力を低下させるため、歯周病の進行を促す要因となります。 糖尿病と歯周病も密接な関係があります。歯周病の炎症物質が全身に循環し、血糖値を下げるインスリンの働きを悪化させることで糖尿病の進行を促す可能性があります。したがって、歯周病の治療や口腔衛生の改善は糖尿病の管理にも重要です。 タバコの喫煙も歯周病のリスクを高めます。タバコを吸うことによって、歯周病にかかりやすくなり、歯周病の治りが悪くなる傾向があります。タバコによって血液の循環が悪くなり、免疫機能が低下するため、歯周病の進行を抑える能力が弱まります。 歯周病の予防と管理には以下のポイントに留意しましょう。まず、毎日の口腔衛生を徹底し、歯ブラシやデンタルフロスを使って歯垢や歯石を除去しましょう。定期的な歯科検診を受け、歯周病の早期兆候をチェックし、必要な治療を受けましょう。バランスの取れた食事を心掛け、栄養豊富な食品を摂取することで免疫力を高めましょう。また、タバコは歯周病のリスクを増加させるため、禁煙を検討しましょう。ストレスの管理も重要であり、リラクゼーションやストレス軽減の方法を見つけることが大切です。

編集部まとめ

編集部まとめ

歯周病にかかる割合について紹介してきました。歯周病にかかる割合についての要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯周病の有病率は30代以上の年齢層で3人に2人と非常に高く、有病状況は悪化している。
  • 歯周病が歯を失う原因の1位である。
  • 噛み合わせに問題がある方や不規則な生活習慣、その他全身疾患を有する方は歯周病のリスクが上がるため、適切なケアや生活習慣の改善が重要。

これらの情報が、歯周病にかかる割合について知りたい方の参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-461