注目のトピック

日本歯周病学会専門医・認定医のブログ

歯周病タブレットとは?気になる効果について徹底解説!

歯周病タブレット

歯周病タブレットについて知っていますか?本記事では、歯周病タブレットの気になる効果について以下の点を中心にご紹介します。

  • そもそも歯周病とはどういう状態なのか?
  • 歯周病タブレットには、どんな働きがあるのか?
  • 歯周病を改善するために大切なことは?

歯周病タブレットについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

そもそも歯周病ってなに?

そもそも歯周病ってなに?

歯周病の仕組みを教えてください。
歯周病は、細菌感染による炎症性の疾患で、主に歯と歯茎の境目にある歯肉溝が感染源となります。不適切な口腔ケアや歯磨き不足によって、歯垢(プラーク)が歯肉溝にたまり、細菌が繁殖します。この細菌感染によって歯肉は赤く腫れ、歯肉の縁や歯との接触部分から出血することがありますが、痛みはほとんど感じません。歯肉炎が放置されると、さらに細菌が進行して歯肉から離れ、歯周ポケットと呼ばれるスペースができます。ポケット内には更なる細菌が蓄積し、炎症が進行します。この炎症によって歯肉と骨の接合部が崩れ、最終的には歯を支える骨も溶けてしまいます。歯周病の進行によって歯は揺れたり、膿が出たりして最終的には歯を抜くことになることがあります。早期の段階で歯周病を治療し、定期的な検診と適切な口腔ケアに取り組むことが大切です。
なぜ歯周病になるのでしょうか?
歯周病は歯垢の中の細菌によって引き起こされ、歯肉に炎症を引き起こします。炎症が進行すると歯を支える骨が溶けてしまい、最終的には歯を失う結果となります。糖尿病、喫煙、歯ぎしり、くいしばり、不適切な冠や義歯、不規則な食習慣、ストレス、全身疾患などが歯周病を進行させる要因となります。これらのリスクファクターに該当する方は歯周病を予防するためにも、歯科医師に相談し適切な対策を取ることが重要です。
自分で歯周病かどうか判断できますか?
自分で歯周病を正確に判断することは難しいとされています。歯茎の状態や歯周組織の変化は、専門的な知識と経験が必要です。見逃す可能性があるため、定期的な歯科医院の検診を受けることが重要です。ただし、セルフチェックすることは予防に役立ちます。

歯周病タブレットとは

歯周病タブレットとは

歯周病タブレットの役割を教えてください。
歯周病タブレットに含まれる成分が酸素環境を作り出すことで、酸素を嫌う歯周病菌や口臭菌の活動・増殖を抑制します。これにより、口腔内のバランスを整え、歯周病や口臭の予防に役立ちます。また、タブレットに含まれる成分は唾液の分泌を促進する効果も期待できます。これにより、口腔内の乾燥を防ぎ、唾液中のタンパク質を分解して唾液腺の詰まりを解消し、口腔環境を改善します。さらに、タブレットは粘液層に浸潤し、持続的に酸素を放出する特性があります。これにより、口腔内で長時間にわたって酸素環境を維持し、悪玉細菌の増殖を防止します。歯周病タブレットは、歯磨きや口腔ケアと併用して使用することで、口腔内の健康をサポートし、歯周病や口臭の予防に効果が期待できます。ただし、歯周病治療としては歯科医院での治療とご自身での歯磨きが最も重要です。適切な使用方法を守り、歯科医師の指導を仰ぎながら利用することが大切です。
服用方法を教えてください。
歯周病タブレットの基本的な服用方法は以下の通りです。就寝前もしくは食後に服用します。 タブレットをそのまま飲み込んだり、噛んだりせず、舌の上で自然に溶かします。 1日1回もしくは2回、1回に1粒を目安に使用してください。各製品の服用方法に従って、歯周病タブレットを使用して、口腔の健康を維持しましょう。ただし、使用前には歯科医師と相談することをお勧めします。

歯周病を改善するために

歯周病を改善するために

歯周病は治りますか?
歯周病は基本的には治りませんが、進行を食い止め、炎症をおさえ、健康な状態に戻すことは可能です。健康な状態に戻すには、歯科医院での治療とセルフケアが必要です。
歯周病はどのように治療しますか?
歯周病の治療方法には主に歯周基本治療と歯周外科治療があります。歯周基本治療:
歯周病の原因である歯垢と歯石を取り除くことが重要です。セルフケアとしての歯磨きによるプラークコントロールが重要であり、歯科医院でのケアも含まれます。歯科医院ではスケーリングとルートプレーニングが行われ、歯の表面や根の表面の歯垢と歯石を取り除きます。歯周外科治療:
基本治療だけではポケットの深さが改善されない場合や、歯周病の進行が進んでいる場合に行われる外科的な治療です。ポケットの深さを減少させるための手術や、特殊な材料を用いて骨を再生させる再生療法が行われます。治療の流れは、まず歯周基本治療をし、改善が確認できればメインテナンスに移行します。改善が見られない場合は、歯周外科治療が検討されます。歯周病の治療には患者さんの努力が重要であり、歯磨きやセルフケアを正しく行うことが必要です。早期の治療と定期的な検診、メインテナンスによって歯周病の進行を食い止め、口腔の健康を維持しましょう。
正しい歯磨き方法を教えてください。
正しい歯磨き方法は以下のポイントに注意することが重要です。歯ブラシの毛先を歯にしっかりあてる:
歯ブラシの毛先をしっかりと歯にあてることで、プラークや歯垢を取り除けます。正しい動かし方:
歯ブラシを小刻みに動かし、歯の表面や歯と歯の間を丁寧に磨きます。歯の表面が凹凸しているため、細かく動かすことで歯垢を取り除けます。適切な力を加える:
強すぎる力を加えると歯ブラシの毛先が開いてしまい、プラークを落とす効果が減少します。適度な力で歯磨きをしましょう。正しい順序で磨く:
正しい順序で歯を磨くことで、全ての歯を均等に磨けます。歯と歯茎の境目や奥歯の歯と歯の間も忘れずに磨きましょう。定期的な歯科医院での指導を受ける:
歯科医院での指導を受けることで、自分に合った適切な歯磨き方法を学べます。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで歯周病タブレットについてお伝えしてきました。歯周病とタブレットについての要点をまとめると以下の通りです。

  • 歯周病は、細菌感染による炎症性の疾患のこと
  • タブレットに含まれる成分が酸素環境を作り出すことで、酸素を嫌う歯周病菌や口臭菌の活動・増殖を抑制する
  • 歯周病の改善には主に歯周基本治療と歯周外科治療があり、早期の治療と定期的な検診、メインテナンスによって歯周病の進行を食い止め、口腔の健康を維持できる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

RELATED

PAGE TOP